/

この記事は会員限定です

石川樹脂工業、加工データを蓄積・分析 熟練技術「見える化」

[有料会員限定]

樹脂成型加工の石川樹脂工業(石川県加賀市)は、自社工場にある射出成型機から常時30種類以上の生産情報を集約、蓄積するシステムを導入する。膨大な加工データを分析することで、熟練技術者の経験に頼りがちだった高度な加工技術を「見える化」し、製品の不良率を低減する。将来的にはAI(人工知能)を活用し、製品ごとに最適な加工条件の提案を受けられるようにする。

今夏から26台の射出成型機に専用の端末を取り付け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン