/

この記事は会員限定です

小売り「コスト増」4割 今年度、人手不足へ懸念

[有料会員限定]

節約志向が根強い中で、小売りや外食企業はコストの増加に警戒感を強めている。主要な50社を調査したところ、2017年度はコストの上昇が採算を圧迫すると答えた企業が4割強になった。コストが増えると答えた全社が人件費を要因にあげた。仕入れ原価圧縮などの対策を進めるが、人材確保も難しくなっており人手不足が消費関連企業の切実な課題になっている。

「加盟店の人件費が急激に上がってきている」とセブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長は警戒する。東京都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン