/

神奈川大、みなとみらいに新キャンパス

神奈川大学は12日、横浜市のみなとみらい(MM)21地区に新キャンパスを開設すると発表した。2021年4月に開設する。日本文化に関する研究拠点や人材育成拠点と位置付け、既存キャンパスにある文化・言語研究の機能を集約する方針だ。総投資額は350億円の見込み。学生獲得競争に対応するため、大型設備投資に踏み切る。

新設する「みなとみらいキャンパス」は地上21階建て、地下1階建てで、延べ床面積が約4万6000平方メートルの大型ビル。18年9月に着工し、20年11月に竣工する。MMの「43街区」と呼ばれる区画に建設する。みなとみらい線の2駅(みなとみらい駅、新高島駅)と横浜市営地下鉄・高島町駅から徒歩圏内の好立地だ。土地は横浜市から約88億円で取得する。

1~3階の低層階は一般の人も入れる共有スペースで、図書館や400席規模の多目的ホール、多国籍料理店などが入る。4~21階を大学施設やレセプションルームとして活用する構想だ。

既存の学部や学科を再編し、新キャンパスに3学部を入居させる。具体的には、湘南ひらつかキャンパス(平塚市)にある経営学部や、横浜キャンパス(横浜市)の外国語学部が移転する。外国語学部の「国際文化交流学科」と大学院の「日本常民文化研究所」の一部を合わせて新学部とする構想もあるという。

同大が新キャンパスの建設に踏み出す背景には、大学間の学生獲得競争がある。

少子化に伴い、学生集めは全国の大学の経営上の最重要課題となっている。先端的なイメージのMM地区に学習・研究拠点を設けることで、入学したい学生を開拓する。MM地区には現在、横浜国立大学がサテライト(分校)的な施設を持つが、本格的なキャンパスは神奈川大が初めて。MM21にキャンパスを持つ大学のイメージを発信できる点も強みになるとみている。

兼子良夫学長は12日の記者会見で新キャンパスについて「日本文化研究を発信できる人材育成を強化する」と説明。正野幸延理事長も「横浜の中で最も地域ブランド力が高いのがみなとみらいだ」と強調した。新キャンパス建設をきっかけに、横浜市内のキャンパスへの機能集約を進めるとしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン