「手話条例」を施行 秋田県 点字も、普及・育成促す

2017/4/12 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

秋田県は手話や点字などの普及を進める「手話言語条例」を施行した。聴覚障害者に限定せず、すべての障害者が円滑に意思疎通できる社会を目指す。地銀が新入行員の研修に手話の講習会を盛り込むなど、条例施行を受けた動きが県内企業に広がっている。

条例は2月県議会で可決され、4月1日施行された。県が手話や点字などの普及や手話通釈者の育成などに必要な施策を行うと規定した。山形県が3月21日に手話言語条例を施行し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]