2019年9月22日(日)

放射光施設建設巡り答申、東北大青葉山キャンパスが最適

2017/4/12 7:01
保存
共有
印刷
その他

東北での放射光施設の建設を目指す一般財団法人光科学イノベーションセンター(仙台市)の建設地選定諮問委員会は11日、東北大学青葉山キャンパスへの建設が最適とする答申を財団に提出した。財団は答申を踏まえ、建設候補地を近く決定する。産学連携の観点から交通利便性や研究施設の集積などが評価された。建設地の選定で事業実現に弾みをつける。

東北大青葉山キャンパスの、約6ヘクタールを使用する。予定地は現在、更地になっている。財団は答申を受け、13日の臨時理事会で建設地を決議する。

物理学の専門家らで構成する諮問委は宮城、青森両県の5地点から、候補地を絞り込んだ。青葉山キャンパスは地下鉄の駅や市街地から近いため利便性が高く、各種研究拠点も立地している。施設を利用する企業や研究者にとって使い勝手がよく、産学連携を進めやすいことなどが高く評価された。

諮問委の委員長を務めた福山秀敏東京理科大教授は「産学連携活動実行のための(研究拠点や産業の)集積がすでに行われ、アクセスの良さが委員の印象に残った」と説明した。

今後は実現に向け、国に予算計上を働きかけるとともに、企業などからの出資をさらに募っていく。

放射光施設はこれまで、東北にはなかった。東北放射光施設は産学連携に力を入れることにしており、企業が使いやすい施設にする計画だ。

     ◇

▼放射光施設 リング型の加速器の中で、電子を光速に近い速度まで加速させ、磁石などで方向を曲げたときに発生する「放射光」を利用して物質の構造や性質などを解析する。兵庫県佐用町の「SPring-8(スプリングエイト)」をはじめ、国内に9カ所ある。住友ゴムの低燃費タイヤ「エナセーブ」の研究開発など産業界でも活用が広がっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。