/

北陸観光、EVで応援 日産など、福井でカーシェア出発式

日産自動車とJTBコーポレートセールス(東京・千代田)は電気自動車(EV)のカーシェアリングの出発式を10日、福井県あわら市で開いた。福井、石川など全国17県の宿泊施設に日産の「e-NV200」を導入し、送迎や宿泊客の2次交通用に貸し出す。エコカー利用を促し、観光資源の保全や新たな観光商品の開発につなげる。

「ゼロエミッション・ツーリズム」の名称で展開する。福井県ではあわら市などのホテルや旅館10施設に計13台を無償貸与する。石川県の宿泊施設も導入した。宿泊客が利用する場合、基本料金は15分250円で、宿泊プランや長時間利用の割引も検討しているという。

出発式で、日産の池田一彦・北陸エリアマネージャーは「エコカーツーリズムの一般化を楽しみにしたい」とあいさつ。あわら温泉の旅館「まつや千千」の伊藤敏郎常務は「福井国体や北陸新幹線延伸の追い風になるよう期待する」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン