伸和HD、亜麻仁油飼料で廃用牛の肉質改善

2017/4/11 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「炭火居酒屋炎(えん)」などを展開する外食中堅の伸和ホールディングス(札幌市)はニチレイグループと組み、廃用牛の肉質改善に乗り出す。搾乳後に子供が産めなくなり肉用に回す老齢の廃用牛に、亜麻仁油を配合した飼料を与え、脂身を増やすなど工夫する。自社店舗で焼き肉やステーキとして販売するほか、まとまった量の再肥育ができれば同業他社への外販も検討する。

伸和HDは名寄市内のホルスタインの牧場で廃用牛を買い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]