2018年10月19日(金)

東武百貨店船橋店にビックカメラ、今秋

2017/4/7 7:00
保存
共有
印刷
その他

東武百貨店は6日、船橋店(千葉県船橋市)の2~3階にビックカメラが今秋出店すると発表した。同店は売り場に家電量販店を取り込むことで、顧客の獲得につなげる。同店がある船橋駅前では、JR東日本が地上10階・地下1階建ての複合ビルの建設を進めている。顧客獲得競争が激化する中で、買い物客の囲い込みを狙う。

新たな家電量販店「ビックカメラ船橋東武店(仮称)」は売り場面積が約4200平方メートル。現在は婦人服売り場が中心になっている2~3階を改装し、開店40年となる今秋に合わせてオープンする。

東武船橋店は60歳代を中心としたシニア層を主要顧客にしている。ビックカメラの出店により、東武百貨店は「近隣や沿線に住む顧客の利便性が高まり、買い物の幅が広がる」と期待している。

JR線や東武野田線が停車する船橋駅は1日当たりの乗降客数が50万人弱。船橋駅周辺には西武船橋店もあり、流通激戦区になっている。家電の取り扱いにより、顧客の囲い込みで攻勢をかける。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報