/

この記事は会員限定です

古今結んだ詩歌の伝道師 大岡信さん死去

[有料会員限定]

大岡信さんの話の中で、今でも忘れがたく思い出す言葉がある。「僕の肩書は、詩人だけで十分です。本来、詩人は、何でも書ける人ですから」。にこやかな表情ながら、その言葉からは、詩人としての強い自負が伝わってきた。

それは詩作だけでなく、詩論、小説論、さらには美術や音楽にまで才筆をふるった書き手としての生き方を、そのまま表している。広い視野は、現代詩論を書き始めた20代のころから備わった天性の資質だった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン