2019年3月27日(水)

東京都心3区の人口、40年には4割増

2017/4/5 22:41
保存
共有
印刷
その他

東京都が2015年の国勢調査結果をもとにまとめた予測によると、都心3区の人口は40年まで増加が続く見込みだ。15年は3区合わせて約44万人で、40年には63万人超へと約4割増える。所得の高い子育て世代や高齢者の都心回帰の動きはしばらく続きそうだ。

都の人口は15年に1352万人で、25年に1398万人とピークを迎える。多摩地域や23区東部の自治体を中心に減少に転じていくが、都心3区は増加傾向が続く。

臨海部に家族向けマンション建設が相次ぐ江東区は35年まで、文教地区で子育て世帯に人気の文京区、渋谷駅を中心に再開発が進む渋谷区なども30年までは人口が増える見通しだ。

都民一人ひとりが同じ重さだとして加重平均で割り出した「人口重心」も都心志向を映し出す。人口重心は40年には15年より東に約700メートル移動し、善福寺川沿いの和田堀公園に近い杉並区大宮1丁目になるという。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報