2017年12月15日(金)

道内倒産件数、5年ぶり増加 16年度

2017/4/5 7:00
保存
共有
印刷
その他

 東京商工リサーチ北海道支社が4日まとめた2016年度の道内倒産件数(負債額1000万円以上)は、15年度比5.3%増の279件と5年ぶりに増加に転じた。一方で、負債総額は15年度の781億8100万円から半減し、353億9400万円だった。

 台風被害の復旧に伴う公共投資の増加などで、道内景気の回復基調が続いていることなどを受け、10億円以上の大型倒産は4件と、15年度の16件に比べ大幅に減った。

 不動産賃貸の北海道ショッピングセンタービル(札幌市、負債額27億5400万円)や老舗すし店の東寿し(同、1億5400万円)などが倒産した。

 業種別ではサービス・他が57件で最も多く、次いで建設が56件だった。従業員数別では、倒産件数の66.3%にのぼる185件を、5人未満の小・零細企業が占めた。同支社は「これまで資金支援を受けて経営を続けてきた小・零細企業が、業績不振により経営を断念するケースが増えている」と指摘する。

 17年3月単月の倒産件数は前年同月比33.3%増の36件、負債総額は100.1%増の48億9900万円。17年に入って倒産は増加傾向にある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

負債東京商工リサーチ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報