/

この記事は会員限定です

iPS由来の心筋細胞、コスト100分の1に マイオリッジ

[有料会員限定]

京都大学発バイオベンチャーのマイオリッジ(京都市、牧田直大社長)はiPS細胞から作る心筋細胞を製薬会社や大学に今夏から提供する。京大の研究成果を基に従来の100分の1のコストで心筋細胞を培養する。低コスト化で創薬分野への応用が可能とみている。新薬候補物質の副作用の有無を調べる研究に活用してもらう。

マイオリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン