/

この記事は会員限定です

米久、主力ソーセージを拡販、食感向上へ設備を刷新

[有料会員限定]

食肉大手の米久はウインナーの主力商品「御殿場高原あらびきポーク」を拡販する。静岡県と埼玉県の3工場に1億円を投じて設備を刷新し、食感を高めた新商品を6月にも発売する。首都圏での試食販売や東北・北海道でのCM放映も開始し、静岡県外へのブランド浸透を図る。家計の節約志向が強まる中、品質の向上と販売促進策の強化で需要を掘り起こす。

このほど埼玉県深谷市にある工場でウインナーに詰めるひき肉の製造装置を刷新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン