/

島津製作所、ノー残業デー 月・水・金に

島津製作所の上田輝久社長は28日開いた記者会見で「社員1人、1カ月5時間以内の残業を実現できるように3年でもっていきたい」と話した。2020年3月期までの中期経営計画で働き方改革を推進する。今春から月曜日、水曜日、金曜日を「ノー残業デー」としたうえで、月曜をスキルアップに、水曜を健康増進、金曜を社内外の交流を促す日にする。

ノー残業デーはこれまで水曜のみだった。残業のない各曜日には「カフェテリアプラン」と呼ぶ社員の独自の研修材料などを用意した。利用した社員に費用を補助する。

上田社長は「技術で成長してきたが、社員がヘトヘトの状態より、(社外交流などを通じ)アイデアを出すことがより重要になる」と述べ、働き方改革を医療・健康分野などで新サービス育成につなげる考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン