/

この記事は会員限定です

コンビニ対ファストフード、胃袋争奪

[有料会員限定]

コンビニエンスストアとファストフードの「食」の場を巡る競争が激しくなる。コンビニは買った食品をその場で食べられる「イートイン」併設型を増やし、ファストフードは既存店を大規模に改装する。単身・共働き世帯やシニアの増加に伴い、食事を外で短時間ですませる消費者が増えており食スタイルの変化に対応した店づくりを進める。

イートイン拡充

コンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパンは全約1万9千店のうち4千店強にイートインを設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン