2019年2月16日(土)

富山のコメ、新品種は「富富富」 「縁起良い」海外PR狙う

2017/3/28 6:00
保存
共有
印刷
その他

富山県は2018年に本格販売を始める県産米の新品種名を「富富富(ふふふ)」に決めた。富山の水と大地と人で育てたことから「富」を3つ並べ、覚えやすい名称にした。食べた後の幸せな気持ちも「フフフ」という読み方で表現した。

県内外からの公募で集まった9411件の中から選考した。石井隆一知事は「インパクトがあり、一度聞いたら忘れない名前。縁起がいい漢字3文字なので、海外の人にもPRできる」と期待を述べた。

新品種はうま味と粘りがあり甘みが強い。コシヒカリの弱点を克服するため、高温や病気に強く倒れにくい稲を交配した。今後、ロゴなどを決め、17年度に先行販売。18年度には最大1千ヘクタールで5千トンの生産を目指す。

26日の発表会で試食したリオデジャネイロ五輪女子レスリング金メダリストの登坂絵莉さんは「金メダル級のおいしさ」と太鼓判を押した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報