/

この記事は会員限定です

久留米工大とテラテック、水と重油混ぜ省エネ燃料

[有料会員限定]

久留米工業大学(福岡県久留米市)と電気制御装置製造のテラテック(大阪市)は重油と水の混合燃料を生成する装置を開発した。水の粒子を数百ナノメートル(ナノは10億分の1)まで微細化することで高価な界面活性剤を使わなくても分離しにくいのが特徴。ボイラーでは約20%の燃費改善が見込めるといい、燃料に重油を使う工場の多い九州などから需要を開拓する。

水混合燃料生成装置は高さ177センチメートル、幅175セン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン