/

森友国会、ヒートアップ 「喚問しろ」「確証は」

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題は24日、前日の籠池泰典氏の証人喚問に続いて国会での質疑が続いた。2日間の審議を通じ「政治家の関与はなかった」と強調する与党に対し、野党側は「疑問は深まった」と追及の姿勢を強める。混迷はおさまりそうもない。

この日の委員会室で何度も話題に上ったのは、安倍昭恵首相夫人に対する証人喚問の是非。

共産党の小池晃議員は「昭恵夫人も籠池氏と同じ(偽証罪に問われる可能性のある)条件で話してもらわないと真相解明できない」。社民党の福島瑞穂議員も「昭恵夫人は単なる広告塔ではなく、具体的に動いている」と喚問を求めた。

安倍晋三首相は「(夫人は)犯罪や不正に関わりがないのに証人喚問はおかしい」と反論。委員会室には「喚問しろ」「(疑惑の)確証はあるのか」など与野党双方からヤジが飛び交った。安倍首相が「籠池氏が名前を挙げた全員を喚問するのか」と色をなし、ヤジを続ける議員に「静かにしてください」と求める場面もあった。

「腑(ふ)に落ちないことが多すぎる」。民進党の大塚耕平議員は国有地払い下げをめぐる近畿財務局の対応を疑問視したが、財務省幹部らは「適切に対応した結果」などの答弁に終始。議論はかみ合わないままだった。

予算委終了後、民進党の福山哲郎議員は、参考人招致された財務省幹部らの答弁について「『何をいまさら』という発言が多かった。証人喚問をし、きちんと事実確認が必要だ」と憤った。

一方、自民党のある議員は「野党は籠池氏の証言をうのみにして同じ質問ばかり。国有地の払い下げや学校の誘致に忖度(そんたく)が働いていないことは明白だ」と強調。別の同党議員は「総理も分かりやすく説明をしていた。問題がこのまま収束すれば……」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン