/

この記事は会員限定です

シェア経済、急成長 ヴィトンからポルシェまで

[有料会員限定]

モノや場所、技能などを貸し借りするシェアリング(共有)エコノミーが日本でも広がっている。民泊はもちろん自宅に眠る高級バッグを貸し出してひと稼ぎする主婦が登場するなど、今や誰でもサービスの担い手になれる。2兆円ともされる新市場の潜在力をフルに引き出すための規制緩和や、適切なルール整備も欠かせない。

棚にはルイ・ヴィトン、エルメス、プラダといったブランドバッグがずらりと並ぶ。その数およそ2千個。ラクサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1352文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン