2019年2月22日(金)

大日本住友、米で過食症治療薬 ADHD薬の適応拡大

2017/3/24 23:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大日本住友製薬は2017年度に米国で販売を計画する次期主力新薬「ダソトラリン」の適応を拡大する。子供に多い発達障害であるADHD(注意欠如・多動症)治療薬として臨床試験(治験)を進めてきたが、過食症でも効果があると見ており、米国で新薬の適応を追加する。18年度に販売したい考え。

日本など米国以外での販売も検討しており年間売上高500億円以上の大型新薬に育てる。

ダソトラリンは神経伝達物質「ドーパ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報