/

この記事は会員限定です

全国初のミサイル避難訓練、なぜ秋田・男鹿で?

[有料会員限定]

秋田県男鹿市で17日、ミサイルを想定した全国初の住民避難訓練が行われた。内閣官房や総務省消防庁、秋田県などが共催した。他国の武力攻撃を想定した避難訓練は戦後初めてだ。なぜ秋田が第1号だったのか。防災意識の高さに加え、中央省庁との人的つながりが背景にあった。

「直ちに避難。ミサイルの一部が落下する可能性があります」。秋田県男鹿市北浦地区で17日午前9時35分、防災行政無線から聞き慣れないサイレン音...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン