2019年6月25日(火)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,193.81 -92.18
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,080 -150

[PR]

業績ニュース

統合報告書、非財務情報3割近くに増加、KPMG調べ

2017/3/23 23:24
保存
共有
印刷
その他

企業が発行する統合報告書で人材や環境など財務以外の内容が増えている。KPMGジャパンによると、2016年に発行された279社の報告書では企業が示すKPI(重要業績評価指数)のうち非財務の指数は29%と、2年間で3ポイント上昇した。企業統治や社会貢献を重視する投資家が増え、企業も開示を進めている。

統合報告書は経営戦略から社会貢献まで幅広い活動を1冊にまとめたもの。16年発行分では平均22個のKPIがあった。このうち7割は売上高や純利益など財務情報だったが、人材(10%)、環境(8%)などの非財務情報も目立ってきた。

項目別では女性管理職数の記載が増えた。16年は前年に比べ8ポイント増え全体の25%の企業が載せた。日立化成などが新たに記載した。CO2排出量も2年前より6ポイント多い39%が記載した。

KPMGジャパンの芝坂佳子パートナーは「欧米ではKPIのほぼ半数が非財務情報という企業も多い」と述べ、日本企業には改善の余地があるという。統合報告書の発行企業は年々増加し、16年は279社と前年比27%増えた。16年は味の素日立製作所などが初めて発行した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム