2018年7月17日(火)

働き方改革で包括連携 高知労働局、四国銀・高知銀と協定

2017/3/24 6:00
保存
共有
印刷
その他

 高知労働局は23日、四国銀行高知銀行の高知県内地銀2行と働き方改革の推進に向け包括連携協定を結んだ。労働者の待遇改善や事業者の生産性向上を連携して後押しする。同局によると、同様の協定は大阪と静岡の労働局が結んでいるが、中国・四国地方では初めてという。

 両行は労働局が用意しているキャリアアップ助成金や子育て支援企業の認定制度などを積極的に事業者に紹介する。3者は行員向け研修会などを開き、最新の支援制度や取り組みを情報共有する。店内での関連施策のパンフレット配布なども検討する。

 同日の調印式で四国銀の山元文明頭取は「創業や成長期など各段階で生産性の向上を後押ししたい」と意欲を示した。高知銀の森下勝彦頭取は「これまでと違った形で企業のサポートが可能になる」と期待を示した。

 労働局や県、銀行などが2016年に立ち上げた高知県働き方改革推進会議をきっかけに、連携が実現した。労働局の園田智幸局長は「高知は全国よりも早く人口減が進んでいる。担い手を確保するために魅力ある職場づくりは不可欠」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報