/

埼玉・見沼田んぼの桜回廊、総延長20キロ超え「日本一」に

さいたま市が日本一を目指して植樹を進めていた見沼田んぼの桜回廊の総延長が今月、20キロメートルを超えた。2013年度から市民や団体、企業などの寄付で植樹。既存の桜から2キロメートル延長し、20.2キロメートルになった。花見シーズンが到来。市は「桜の下を歩ける桜回廊としては日本一」とアピールし、多くの人に散策を楽しんでもらいたい考えだ。

見沼田んぼの桜回廊は同市北、大宮、浦和、緑、見沼区にわたる見沼代用水の西縁と東縁、通船堀に沿って桜が連なる。市は13年度に「目指せ日本一!サクラサク見沼田んぼプロジェクト」を開始。官民連携の実行委員会を通じ市民や企業から植樹のための寄付を募集した。青森県弘前市の岩木山の山麓の20キロメートルの桜並木が「世界一の桜並木」とうたわれることから、それを超える長さを目指した。

16年12月までに集まった寄付は約140件で総額約1600万円。苗木の現物も寄せられた。

12年度までの既存の桜は、ソメイヨシノを中心とする18.2キロメートル、1813本。開花時期を長く楽しめるよう、エドヒガンザクラやミヤビザクラ、ヤマザクラなど8種の桜の植樹を進めた。桜回廊には165本を植え、休憩するためのベンチなども整備。今月、30メートル以内の間隔で桜が並ぶ総延長が20.2キロメートルに達した。

桜回廊の近くの公園や緑地などにも既存の3075本に加え193本を植樹。見沼田んぼ周辺で計5246本の桜が楽しめる。

日本一の目標には想定外の事態も発生した。プロジェクト開始後に、岐阜県各務原市に総延長31キロメートルの桜回廊があり、日本一を称していることが判明したのだ。だが、市は「市民、企業、団体と行政が一体となってつくり上げ、実際に桜の下を歩ける桜回廊ということでは日本一と考える」と胸を張る。

清水勇人市長は新幹線を生かした東日本の各都市との連携を念頭に、桜回廊について「桜の名所が東日本全体にいくつかある。函館、青森、盛岡など開花時期がうまくずれているので、観光ルートの一つに取り上げていければという思いがある」と話している。

都市部の近くに豊かな自然が広がる見沼田んぼの桜はまもなく、開花の最盛期を迎える。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン