/

りんくうタウンに大型ホテル ホワイト・ベアー、20年メド開業

旅行会社のホワイト・ベアーファミリー(大阪市)は2020年春をメドに関西国際空港対岸のJR・南海りんくうタウン駅前に大型ホテルを開業する。客室はツインを中心に813室で「関空周辺で最大規模になる見通し」(ホテル事業部)。拡大する訪日外国人需要の取り込みを狙う。

新設する「ホテルWBF(仮称)」は地上20階地下1階で延べ床面積約2万6500平方メートル。敷地面積は約3千平方メートル。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン