野菜の味 操る照明 山口大発ベンチャー、植物工場用

2017/3/23 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山口大学発ベンチャーのアグリライト研究所(山口市)は「おいしさ」を制御できる植物工場用発光ダイオード(LED)照明を開発した。野菜の成長や糖度などに関わる異なる光を組み合わせ、うまみや食感を設定できる。生育期間や生産量と併せて食味・食感をコントロールした野菜が生産できる技術として植物工場などに売り込む。

LED照明は山口大農学部の山本晴彦教授(農業気象学)の研究室が開発した技術を活用し、ブルーウ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]