/

この記事は会員限定です

インターン実施7割 短期戦、人材囲い込み

[有料会員限定]

採用活動の一環としてインターンシップ(就業体験)を実施する企業が増えている。昨年4月以降に始めた企業は14.3%で、昨年3月以前から実施している企業と合わせると、7割以上にのぼった。

インターンの目的(2つまで選択)については92.3%が「業界や自社のことを知ってもらうため」と答えた。次いで「学生のキャリア教育のため」が28.6%。大学や文部科学省はインターンをキャリア教育の一環として推進しており...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り362文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン