農業で稼ぐ企業、ようやく マーケティングの発想カギ

2017/3/19 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

衰退の危機にある農業の救世主とみられている企業参入と植物工場。だが実際は赤字の例が少なくなく、撤退することも多い。そうしたなか、利益を出して成長する企業が現れ始めた。カギを握るのは、消費者の需要をつかんで生産するマーケティングの発想だ。

首都圏のイトーヨーカドーにそのレタスはあった。しゃきしゃきした食感が特徴の「フリルレタス」。ちょっとおしゃれなレタスという感じだが、際立った強みを持つ。価格の安…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]