/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、AR・VRで歯科治療支援

[有料会員限定]

ソフトバンクグループは拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の技術を活用し、歯科治療を支援するシステムを開発した。ヘッドマウントディスプレーをかぶると、目の前の画面に肉眼では確認できない神経や血管などのCG(コンピューターグラフィックス)画像を表示する。歯科医の研修などの需要を見込む。

子会社のリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(東京・港)が歯科医療機器販売のモリタ(大阪府吹田市)と開発した。4月以降に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン