/

この記事は会員限定です

搬送ロボ、AIで賢く 大和ハウスが物流新施設

[有料会員限定]

大和ハウス工業は人工知能(AI)を活用した新型の物流センターを開発する。搬送用ロボットを効率的に動かし、24時間稼働を実現しつつ、作業員を従来より最大8割、運営費を3割以上減らせるのが特徴だ。運送会社のシステムと連携し、配送手順やルートを最適化、トラックの積載効率も高められる。2018年から順次導入し、AI物流センターとして通販会社などに貸し出す。

人手不足などを背景に生産拠点のロボット化が進む中で、物流拠点に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン