/

この記事は会員限定です

観光庁、旅行会社処分厳しく 下限割れ運賃でバス発注

[有料会員限定]

法律で定められた貸し切りバスの運賃をめぐり、観光庁は下限を下回る価格でバス会社に運行を発注した旅行会社への処分を厳しくする。現在は違反行為が見つかった営業所を営業停止処分にしているが、本社も処分対象とする。安すぎる運賃は安全対策の低下を招き、事故の遠因になるとされる。処分を重くすることで法令順守の徹底をはかる。

同庁は意見を募ったうえで、3月中にも処分基準を改正。旅行業界などに通達する方針だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り559文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン