田町梅月のまんじゅう バター風味で紅茶にも

2017/3/17 7:00
保存
共有
印刷
その他

和菓子を製造販売する田町梅月(浜松市)は、お土産や贈答向けの新商品「はままつあんぱんまんじう」の販売を始めた。一般的な焼きまんじゅうや蒸しまんじゅうと生地の材料の配合を変え、しっとり、もっちりとした食感にした。

かすかにバター風味をつけてお茶だけでなくコーヒーや紅茶にも合う味に仕上げ、30代など和菓子を頻繁に食べない年齢層にも受け入れられやすい味にした。中にはさくらあんを包んで女性らしさを表現した。来年以降は味の種類を増やす予定。

包装は赤地に金で商品名を印刷して高級感を出した。お土産や贈答用としての需要を見込む。浜松ゆかりの女性戦国武将、井伊直虎をモチーフにした浜松市のキャラクター「直虎ちゃん」をパッケージにあしらった。

価格は5個入りが864円、10個入りが1620円。篠原本店(浜松市)のほか、市内の観光施設や商業施設で販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]