/

この記事は会員限定です

特許庁の眠る知財活用支援、静岡で初の事業化

[有料会員限定]

特許庁が2016年10月に始めた地方創生支援事業初の成果が静岡県で誕生した。知的財産を活用した事業化を民間の専門家が担う仕組み。自動車部品製造のサンケミカル(富士市)が開発した反射フィルムを自転車向け装飾フィルムとして製品化し、浜松市の貸自転車で使われている。知的財産を事業に生かしきれない地方企業への新たな支援モデルとなる可能性がある。

自転車の泥よけなどに貼る反射装飾フィルムが1月末、浜松市の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン