/

奈良公園西のホテル事業 森トラスト、優先交渉権

奈良県は14日、奈良公園西の日本庭園「吉城園」周辺の宿泊施設整備事業の優先交渉権者を不動産大手、森トラストに決めたと発表した。森トラストはホテルの建築デザインを東京五輪の新国立競技場の設計を担う建築家、隈研吾氏に和のコンセプトで依頼するという。県はインバウンド(訪日外国人)の増加をにらみ、ホテル不足の解消につなげたい考えだ。

県が整備するのは吉城園を中心とする約3.2ヘクタールの県有地。敷地内には大正期の日本建築である知事公舎もある。県は森トラストと1カ月以内に基本協定を締結する。

森トラストは奈良市役所前でも2020年開業を目指し、外資系高級ホテル「JWマリオット」を建設する計画で、奈良のホテル事業としては2例目。今後、森トラストはホテル事業者の誘致に向けた交渉を加速する。外資系との連携に実績があるため、外資系高級ホテルになる可能性が高い。市の風致地区条例が高さ8メートル以下に制限しており、ホテルは2階建て程度。開業は20年春になる見通し。

森トラストは「近鉄奈良駅に近く、立地としては最高。東大寺、興福寺などの名刹がある観光の中心的エリアで集客が見込める」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン