/

ソニー、東大とAI・VRに強い人材育成

ソニーと東京大学 13日、新しい学問領域「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」に共同で取り組むと発表した。知覚や認知、身体、健康などの人間の能力を、ロボットやウエアラブル端末などを使って拡張する技術を開拓する。4月から東京大学でソニーが寄付講座を提供し、セミナーやシンポジウムを通じてAI(人工知能)や仮想現実(VR)など最新技術に強い人材を育てる。2020年3月までの3年間で、ソニーが7500万円を寄付する。人間と技術、人工知能が一体化して相互に能力を強化し合う研究を体系化し、世界の産業発展や人材育成につなげる。

人間拡張はソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)の副所長を兼任する東大大学院の暦本純一教授が唱え、新しい学問領域として注目されている。これまではドローンやウエアラブル端末を使ったトレーニング支援などを行っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン