/

この記事は会員限定です

発電燃料、震災6年で高値収束 原発再稼働や節電浸透で

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所の事故から6年が過ぎた。全国で原発が止まった影響で液化天然ガス(LNG)の価格が跳ね上がり、一時は事故直後の1.8倍に達した。その後の原発再稼働に加え、節電が浸透。発電燃料の価格は平時モードに戻りつつある。

火力発電所はLNGと石炭、C重油が主な燃料だ。原発事故が起きた2011年3月を100として燃料の値動きを指数にすると、LNGが12~14年に突出した高値をつけている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン