支払額に応じポイント 広島ガスが4月開始、自由化に対応

2017/3/14 6:01
保存
共有
印刷
その他

広島ガスは13日、ガス料金の支払額などに応じてたまるポイントや、キッチンなど水回りのトラブル対応を割引料金で利用できる新サービスを4月1日から始めると発表した。同日からのガス小売り全面自由化を受け、顧客の囲い込みを狙う。13日記者会見した田村興造社長は「現在は目立った参入の動きはないが、将来の競争激化に備え、顧客に寄り添ったサービスを提供する」と導入の理由を説明した。

ポイントサービスは同社のウェブ会員に登録した、家庭用ガスの契約者が対象。毎月のガス料金や警報器のリース料金を100円(税込み)支払うごとに1ポイント、アンケートへの回答で最大50ポイントがそれぞれたまる。

たまったポイントは6月以降、地元特産品、広島東洋カープやサンフレッチェ広島の観戦チケット、地域のスーパーや飲食店で使えるクーポン券などと交換できるようにする。

田村社長は「サービスはこれで完成形ではない」と話し、今後も追加や改善していく方針を示した。ウェブ会員数は2017年度には1万5000件、5年後をメドに7万件にすることを目指す。

同社のガス契約者に対し、水漏れや配水管のつまりなど水回りトラブルの専用ダイヤルを設け、24時間対応する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]