富士フイルム系、他人のiPS細胞使い英国で治験

2017/3/13 0:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士フイルムが出資するオーストラリアのバイオベンチャー、サイナータ・セラピューティクスは、他人のiPS細胞を病気の治療に使う臨床試験(治験)を英国で今月開始した。白血病治療のために実施する骨髄移植によって副作用の急性移植片対宿主病(GVHD)が起きた患者らが対象。治療成績が良ければ日本での実施も検討する。

マンチェスターのクリスティー病院で被験者の募集を始めた。富士フイルム傘下の米セルラー・ダイ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]