AIで毒ガス検知 NTTデータや警察庁、20年までに製品化

2017/3/10 23:37
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 NTTデータグループ、警察庁の科学警察研究所、理研計器の3者は人工知能(AI)を使って有毒ガスを特定する技術を共同開発した。人がかかわる作業をAIがすべて担い、判定の精度を従来よりも30ポイント高い90%超に引き上げることに成功した。2020年までに検知器に応用して製品化し、テロ対策に取り組む警察や商業施設に売り込む。

 NTTデータ傘下のJSOL(東京・中央)、有毒ガスの取り扱いができる科学警察…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

NTTデータAI理研計器警察庁JSOL

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 18:54
16:26
信越 1:00
1:00
東海 22:00
21:45
北陸 19:26
18:47
関西 20:30
18:47
中国 10:50
10:30
四国 20:16
2:00
九州
沖縄
21:30
21:19

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報