/

この記事は会員限定です

AIで毒ガス検知 NTTデータや警察庁、20年までに製品化

[有料会員限定]

NTTデータグループ、警察庁の科学警察研究所、理研計器の3者は人工知能(AI)を使って有毒ガスを特定する技術を共同開発した。人がかかわる作業をAIがすべて担い、判定の精度を従来よりも30ポイント高い90%超に引き上げることに成功した。2020年までに検知器に応用して製品化し、テロ対策に取り組む警察や商業施設に売り込む。

NTTデータ傘下のJSOL(東京・中央)、有毒ガスの取り扱いができる科学警察研究所、検...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン