カルビー、コーンフレーク撤退 「フルグラ」に集中

2017/3/9 23:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カルビーはコーンフレーク事業から撤退する。1988年から販売する同商品だが、10日の出荷分をもって生産を終了する。足元でオーツ麦などが原料のシリアル「フルグラ」の販売が好調なことをうけ、今後は同商品に資源を集中する考えだ。

同社は清原工場(宇都宮市)で「マイ朝フレーク」シリーズを4種類6品目生産している。事業から撤退した後、設備は廃棄する方針で、工場内の空いたスペースの活用法は今後詰める。

同社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]