帝人、広告に「タイのメッシ」

2017/3/9 23:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

■帝人 9日、タイで始める企業広告にサッカーのタイ代表で「タイのメッシ」の異名を持つチャナティプ・ソングラシン選手を起用すると発表した。ポリエステル繊維の生産拠点を置くタイでの知名度向上と人材獲得が狙い。

同日、首都バンコクで現地法人の坂田忠史社長とチャナティプ選手が契約を交わした。契約期間は1年。同選手が登場するテレビ番組や屋外看板などを通じ自社の知名度を高め、採用などに生か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]