/

木内酒造、「ネストビール」米に出店

老舗酒造会社の木内酒造(茨城県那珂市)は米サンフランシスコに飲食店を開業した。自社のクラフトビール「常陸野ネストビール」や茨城産の和牛「常陸牛」などを提供する。飲食業の出店は県内や東京都内にとどまっており、海外への出店は初めてだ。

7日に「BEER&WAGYU HITACHINO」の店名で開いた。席数は49席で午後4時から午前0時まで営業する。フルーティーな香りや爽やかな味わいが特徴の常陸野ネストビール10種類を1杯9ドルから販売するほか、漬物などを1食分詰めたカップをつまみとして売る。

食事は同県日立市出身のシェフが料理長を務め、1頭単位で仕入れた常陸牛を使った串焼きなどやたたきなどを提供し、コース料理も用意する。常陸野ネストビールは年間150万本を米国に輸出しており、飲食店の開業で現地でさらに認知度を高める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン