/

この記事は会員限定です

沖縄県内地銀、危機感強める 鹿児島銀の法人営業参入で

[有料会員限定]

沖縄県内の地銀は危機感を募らせている。全国に比べると金利水準が高く、人口が増えている沖縄であっても、日銀のマイナス金利政策の導入や競争激化により貸出金利の低下に歯止めがかからない。鹿児島銀行が法人営業に乗り出すことで、競争が一段と激しくなりそうだ。

沖縄県外の地銀はアジアに近い沖縄の優位性に資金需要があるとみている。山口県の西京銀行は2016年に沖縄事務所を開設。那覇空港の国際物流基地「沖縄貨物ハブ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン