/

この記事は会員限定です

介護現場をITで支援、SOMPO系など VRやウエアラブル

[有料会員限定]

介護の現場で仮想現実(VR)機器やウエアラブル端末を使うサービスが広がってきた。認知症の感覚を追体験したり、患者の健康状態を効率的に管理したりする。2025年には介護士など約40万人の人材が不足するとの試算もある。最新のIT(情報技術)機器を取り入れ現場の負担を軽くし担い手不足を補う。

SOMPOホールディングスは介護事業会社のSOMPOケアネクスト(東京・品川)で3月から新人研修や採用活動でVR機器を取り入れた。ヘッドギ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り757文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン