/

この記事は会員限定です

エニグモ営業益2割増、通販サイトが好調 18年1月期

[有料会員限定]

個人輸入代行のエニグモの2018年1月期の連結営業利益は、前期見込み比2割増の20億円程度になりそうだ。海外の個人が買い付けたブランド品を取り扱う通販サイト「バイマ」の利用が伸びる。サイトの機能拡充やサーバー更新の費用を吸収し、2期連続で最高益を更新しそうだ。

売上高は50億円程度と前期見込み比で2割増える。バイヤーと連携して品ぞろえを充実しテレビCMなどで知名度を高めて利用者を増やす。バイマの会員数は3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン