/

この記事は会員限定です

「介護の一歩手前」か判定 エッグがシステム 早期発見めざす

[有料会員限定]

システム開発のエッグ(鳥取県米子市)は高齢者が介護を受ける一歩手前の状態「フレイル」かどうかを判定するシステムを開発した。医療機関や介護施設、自治体などでの利用を見込み、今夏前にも販売を始める。フレイル状態を早期に発見し対応することが「健康寿命」を延ばすことにつながり、社会保障費の抑制効果などが期待できる。初年度1千セットの販売を目標にする。

新システム「高齢者総合評価キット」は「バスや電車で1人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン