/

この記事は会員限定です

道南でウニ養殖広がる 地域活性化の切り札に

[有料会員限定]

道南の漁業協同組合でウニ養殖の取り組みが広がっている。漁港の空きスペースに天然ウニを移して育て、ふるさと納税の返礼品や観光資源として活用する。養殖漁業を軸に地域活性化につなげる取り組みは珍しい。スルメイカが不漁になるなど道南の漁業が厳しさを増す中、養殖ウニで活性化を狙う。

「漁港を使った養殖は木古内産のウニの認知度を高めるチャンス」。道南の北斗市、木古内町、知内町にまたがる上磯郡漁業協同組合(知...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません