2019年7月21日(日)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,466.99 +420.75
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,380 +370

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

7月19日(金)14:20

大日本住友が豪iPS企業に買収提案 約200億円[映像あり]

メルカリ 業績観測報道「戦略的事業へ投資で費用増」

7月19日(金)13:00

[PR]

M&Aニュース

フォローする

新日鉄住金、再編の波に「質」で対抗 日新製鋼のTOB完了

2017/3/7 23:54
保存
共有
印刷
その他

新日鉄住金は7日、日新製鋼の株式公開買い付け(TOB)が成立し、子会社化すると発表した。国内では無類の実力を持つ新日鉄住金だが、海外に目を転じると中国では大手2社が経営統合を昨年発表し、世界2位の鉄鋼メーカーが誕生。6日には世界首位、欧州アルセロール・ミタルがイタリアでの大型買収計画を公表した。世界再編の波が再来するなかでの船出となる。

「経営課題はたくさんある。コア品種のコスト競争力など新日鉄住金と最適解を見つけていく」。新日鉄住金が51%を出資し子会社となる日新製鋼の柳川欽也次期社長は、7日の会見で力説した。

日新製鋼の主力は合金めっきなど腐食しにくい表面処理した建設、自動車向けの鋼板とステンレス鋼。北米やスペイン、中国にも拠点を持つ。2018年3月期までの3カ年で3000億円を海外事業に投じ「グローバル競争力」を旗印にする新日鉄住金は、日新製鋼を従えて布陣を敷き直すが、海外でも再編機運が高まっている。

新日鉄住金の2倍の規模を誇るミタルは6日、伊政府が一時国有化している高炉大手イルバの買収計画を発表。買収後に23億ユーロ(約2780億円)を投じ、製鉄所のコスト競争力を高めるという。買収にはインド大手のJSWスチール陣営も名乗りを上げた。

2月下旬には南米に拠点を持つ大手テルニウムが独大手ティッセン・クルップからブラジルの高炉メーカーを15億ユーロ(1800億円)で買収すると発表。さらに中国大手の宝鋼集団(上海市)と武漢鋼鉄集団(湖北省)が経営統合を昨年明らかにし、ミタルに次ぐ世界2位の巨人が誕生した。

再編機運が渦巻いたのはどん底の市況に陥った15年から16年半ばが発端だ。経営の先行きに危機感を抱いた大手が弱ったライバルに買収をしかけた。世界の粗鋼生産の半分を占める中国が政府主導で再編を推し進めたことも拍車をかけた。

中国の鉄鋼メーカーを中心にした整理・統合と供給量削減による市況回復を受けて、ミタルは16年12月期決算の最終損益は過去最大の赤字だった前の期から一転、5期ぶりに黒字を確保した。インドJSWも業績が好転。勢力拡大を狙う大手の買収意欲は日増しに高まっている。

新日鉄住金は日新製鋼のもつ付加価値の高い合金めっき鋼板技術をタイなど東南アジアにも持ち込み量産するなど、いくつかの攻め手がある。「年200億円以上の収益改善効果を見込む」(新日鉄住金の宮本勝弘常務執行役員)が、規模の劣勢を克服するには高強度で加工しやすい鋼板などミタルや中国勢がまだ追いつけない「鋼の質」を高めるしかない。

かつてミタルは「質」を求めて住友金属工業と合併する前の新日鉄に買収を仕掛けたこともあった。再編機運の再来に、「攻め」と「守り」の手綱さばきが新日鉄住金に一段とのしかかってきている。(上阪欣史)

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。