/

この記事は会員限定です

ガソリンのスポット価格上昇 製油所トラブルで供給減

[有料会員限定]

ガソリンの国内スポット(業者間転売)価格が上昇している。石油会社の製油所のトラブルや定期修理に伴い、スポット市場に出回る量が減少。市況のてこ入れをねらう石油会社が卸値を押し上げるため、スポット物を買い付けているのも影響したもようだ。卸価格の上昇で、ガソリンスタンドの店頭価格も高くなる可能性がある。

指標となる京浜地区のスポット価格(海上物、中心値)は現在、1キロリットルあたり10万8750円。直近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン