/

この記事は会員限定です

堺の官民、まちづくりの新会社 中心市街地の活性化めざす

[有料会員限定]

堺市の中心市街地の活性化に向けて、堺市住宅供給公社や池田泉州銀行など地元の官民が4月中旬にまちづくり会社を設立する。南海線堺東駅前の老朽化したビルを地域のランドマークとなるような商業施設に建て替える方針だ。商店街の空き店舗の活用などにも取り組む。

新会社「堺まちづくり」は堺市に本社を置き、資本金は1千万円。同公社や池田泉州銀、堺東商店街連合会長が中心となって出資し、堺市民や地元企業からも幅広く出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン